the reverse side of a flier ―チラシの裏―
ブログサブコンテンツ
絵が描ける場所 お絵かきチャット 登場人物&用語紹介 コンテンツ説明・・・・・・コンテンツ利用の前に読むべし!
--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/11(火) 00:59

まあ実際のところ必死でパーティ完成→練習 という軌道に乗れたのですが(

ケンタロスです。


今回はひたすらWCSの話題になります。ポケモン分からない方にはちと辛いかもしれません。


・・・ですが、その前に・・・


カメラ命名の投票を締め切りました。

集まったのは12票。皆様投票ありがとうございました!


・・・てなわけで、早速開票に移りましょうか。




結果・・・\デェェェェェン/



1位チロル3票
まちゅぴちゅ3票
3位とるお2票
4位ピエール1票
ポッケ1票
あざとーす1票
pict1票



同率一位じゃん/(^o^)\


ああああ、最も恐れていたことが起こってしまった・・・(

一位は「チロル」、「まちゅぴちゅ」。いずれも3票。

選択肢を増やしすぎたツケなのか・・・←


このままでは、俺のカメラの名前が

「チロルまちゅぴちゅ」とかよく分かんない名前になってしまう!

どうすれば良いんだああああ!←


(ちなみに俺は自作名のチロルに投票しました。同じく自作名のピエールの方に投票してれば多少変わったかもしれません。)


・・・と、ここで俺は苦渋の決断をすることにしました。


最終決定戦を開催します!←


同率一位だった「チロル」「まちゅぴちゅ」、
また3位にランクインした「とるお」のみを候補として、再び投票をしたいと思います。


重ね重ねの投票実施で申し訳無いのですが、是非ともご参加お願いいたします!

締め切りはケンタロスのテストが終了する、5月24日辺りになるかと思われます。


よろしくお願いします!!!1




さてさてー、本題に入ります。

この度、ケンタロスは

ポケモンワールドチャンピオンシップス2010 東京都大会B 2日目 ゲーム大会 カテゴリB

・・・の方に参加させていただきました!(←長い

ちなみに昨日の日曜日です。


会場はこちら。

ビックサイト


お台場(ブジデレビ(仮称)があるよ!)の付近に位置する、東京ビックサイトと呼ばれる場所。


なんでも、夏休みと冬休みは

この地が色々な意味での聖地となるらしいですが・・・


というか、駅からビックサイトまでの道のりの中で

いくらかそれに関する如何わしい広告もありました。

今度の夏はそういうものを求めて大きなお友達の皆様が・・・とまぁこの辺でやめときます(



ビックサイトに到着した後は、係員の指示に従い

ずんずんと目的のホールに移動します。

その入り口のような広場がこちら。


入り口


向こうにそれらしき看板が見えますね・・・

WCS

いよいよやって来た!

今回のGS対戦の要となる、伝説ポケモンを据えた看板になってますね。

ギラティナ涙目すぎる・・・(


高揚してくる気分を抑えながらも、いざ中へ。
(なんせぼっちでしたから。←)


中では最初に選手確認や、持ち物検査、金属チェックをしました。

子供も沢山参加する大会であるため、警備はなかなか厳重なようですね。


全てのチェックを済ますと、その先には

ポケモン人形が置かれていました。


三犬

こちらは三犬。


ジョウト御三家

こちらは金銀御三家+ピカチュウですな。


さらに奥に進むと、対戦の行われている会場に到着。

到着した際、既にカードゲーム大会の方は始まっていました。

カードゲーム大会

あれ、子供居なくね?←



ケンタロスの今回の目的はカードゲームではありません。

勿論、ゲームの方です。


ゲーム大会のブースに行くと、既に長蛇の列が出来ていました。

結構適正な時間に来たつもりだったのですが・・・遅かったようです(

ゲーム大会

目の前にずらーっと並べられている機械を使用して対戦が行われます。

ちなみに、周囲の人の話を盗み聞きしたところ、
この機械、一台10万円するとかしないとか。

これが60台近くあったので、お値段は結構張りそうですね・・・ってまあ考えるべきでない話ですが(


ちなみに、「盗み聞き」だとか言っておりましたが、

ケンタロスは今回の大会、終始ぼっちでした。

いかんせん人見知りな性格な故、周囲の人に話しかけたりする勇気もまったく起こらず、

周囲の人の話を盗み聞きしながらの、「ガチぼっち生活」を体験。

とってももの寂しかったです。
何年も後の話ですが、大学とかに行ったら本当にそういう事が起こりそうで今から恐れおののいています。←


ちなみに、会場内でいかついデジカメといかついHDDビデオカメラを装備していた人を

発見した方がいらっしゃいましたら是非ともご報告を。それは俺です。(



バトル大会の列に並び、しばらくの間対戦が始まるのを待ちました。

その間は本当に緊張感が半端なかったです。


このようなポケモンの大会に参加するのが初めてであることと、

とりあえず一勝はしなければというプレッシャーとが重なった結果だと思います。


しかも、その緊張を共有し合える仲間も誰も居ない。ただひたすら孤独。


周囲からしてみれば「たかがゲームだろ」と思うかもしれないのですが、

過度の緊張で対戦が始まる前に死んでしまうのでは無いかとさえ思いました。←




・・・というわけで、ここで突然ですが

俺の使用したパーティを紹介して行きたいと思います。

ちなみに、全てのメンバーに乱数は適用しておりません。

乱数は否定はしませんが、肯定しているかと聞かれれば決してそんな訳では無いので・・・(



4匹ともよく頑張ったと思います。お疲れ様!←


(※ポケモン名の下の数字は個体値です。)


セメント(グラードン)@ラムの実
意地っ張り 21-29-20-28-28-22

地震・岩雪崩・ドラゴンクロー・守る



最初の伝説ポケですね。物理アタッカー。

使う機会が多かったのは地震よりもむしろ岩雪崩です。

2体とも攻撃出来るってのは非常に都合の良いものなんですよ。

雨パや草結びであっという間に沈みます。しかしホウオウやディアルガなんかにはかなり強い。


モーセ(マニューラ)@気合の襷
陽気 28-31-31-23-25-31

辻斬り・けたぐり・挑発・猫騙し



サポートを重視。先発なのでトリックルーム持ち等の様々なポケモンを縛れます。

素早いため、相手の猫騙しポケを怯ませてグラードンで攻撃・・・という戦法も取れます。

弱点はバンギラス。タスキ潰されて岩雪崩で終了。

守るが無く、相方グラードンの地震と相性が悪そうに見えますが、案外無くても行けます。


おちゃ(ルンパッパ)@食べ残し
控えめ 16-31-12-31-30-31

草結び・凍える風・身代わり・守る



主にカイオーガ対策。猫騙しは意外と使わないので身代わりに変えてしまいました。

草結びが相手に用心されて決まらない事が多いため、裏をかいて身代わると意外と成功します。

後は草結びやらこご風やらで相方を補佐。

ちなみにこのルンパッパは、友人が孵化余りのものとして提供してくれたポケモンです。

友人には本当に感謝しておりますー。


てんほ(ホウオウ)@拘りスカーフ
意地っ張り 18-30-19-21-20-30

ブレイブバード・聖なる炎・羽休め・電磁波



コイツがキーマン的役割を担っています。使うのはほぼブレバと聖なる炎のみ。

当初はオボン持ちのただの物理アタッカーだったのですが、
そうすると全体的なアタッカーの素早さが厳しいため、
急遽スカーフを搭載することにしたんです。これが意外とハマる。

攻撃力を重視しているため、素早さは最速100族抜きくらいにしか調整していません。

しかし、伝説ポケモンの大半は100族以内に収まっているため、先手を取れることが非常に多いのです。

また伝説ポケモンにはブレイブバードが大体刺さるため、パルキアや、下手したら眼鏡オーガも撃破可能。

また、ユキノオーミュウツーを筆頭とする霰コンビも、持ち前の特防でかなり楽ーに倒せます。


スカーフオーガ?最大の弱点ですね分かります


今回の大会では、このてんほに助けられたことが非常に多かったです。

ブレイブバードの汎用性に、はたまたてんほ自身の持ち前の運に・・・と大活躍。


HGSSの発売前、予約特典のフィギュアを見て

「アホウオウだアホウオウだ」とか騒いでいた頃が懐かしいです。

今までの度重なるご無礼、大変失礼いたしました。

あなたは正真正銘の神です。もうホウオウ大好きです。←



・・・と、長々とパーティ紹介をしていきましたが、


GSバトルが出来る対戦掲示板を利用し、WCSが始まる前に

このパーティで特訓をしてみたところ、勝率はなんと2割以下。


もはや「勝つのが奇跡的」という厳しい状況でした・・・(


というのも、パーティの弱点の多さがあります。


まずは何と言ってもカイオーガ率いる雨パ。

スカーフカイオーガのしおふきは、こちらの2体の伝説ポケモンに甚大な被害をもたらします。

カイオーガ自体を倒せても、いずれ取り巻きのパルキアやらルンパッパやらに殲滅させられます。

だから、WCS当日までは「オーガが出た時点で終了」とまで覚悟を決めておりました。

出現率もかなり高かったです。


次の弱点がバンギラス

特性「すなおこし」のお陰で、セルフ襷潰しによるモーセ(マニュ)涙目状態となるだけでなく、

岩雪崩という技によりモーセ、てんほ確定1発の猛烈な被害を被ってしまいます。

モーセのけたぐりを使っても、ヨプの実持ちが大半のため

急所にでもならない限り一発で倒せることはまずありません。

しかし、セメント(グラードン)である程度の対策は可能です。



そして、意外な弱点がカポエラー(というか威嚇ポケ)。

俺のパーティは、おちゃ(ルンパ)を除けば全員が物理アタッカーです。

つまり、一気に攻撃を下げられる「威嚇」という特性が非常に怖いんですね。


交代に交代を重ねられ、威嚇を何度も浴びせられた際には目を覆わざるを得ません。←


・・・と、練習の際にはこのような弱点ポケモンが続出し、
幾多もの敗北を味わうこととなってしまいました。(



し か し ・ ・ ・

この日は違った。本番はまったく違った。

何かおかしな事でも起こってるんじゃないかとさえ思った。



・・・と、微妙な伏線を残してみたのですが

とりあえず、ここからは試合の模様をお伝えしていきます。

続きを読むからどうぞ。

話は大分戻り、まずは大会1回戦です。


「こちらへどうぞ」というスタッフの方の指示に従い、

対戦場所に移動します。


この頃は、練習の負けっぷりもあり

「まず一回戦すら勝てるだろうか・・・」という不安と相当な緊張とが織り交ざって

異常なまでに全身が震えていました。いちいち行動がおぼつかないような感じ。


対戦相手の方が目の前に見えてきました。

お相手は、なんと中年のおじさん

・・・ですが、当時の俺はそんなことを気にする余裕もなく、

ただひたすらガタガタ震えていました。

むしろ「この人絶対レベルの高い廃人だろ・・・やばい・・・」とまで思っていました。


スタッフの人が「DSカードを出してください」と指示。俺はソウルシルバーを差し出します。

向こうもソウルシルバーを差し出してきました。

この時点で相手がカイオーガを所持している可能性は低いと悟り、
多少の安堵感を覚えました。しかし、まだまだ気を抜くには早いです。悲しきかな、手の震えも復活。


いよいよ対戦スタート。

ここから、俺の体内で何かの変革が起こったような気がしました。

自分自身でも驚くほど、読みがバシバシと当たっていく。


気がつけば対戦に勝利していたような感じです。


「良かった・・・勝ったんだ・・」と言わんばかりに、ほっと一息。

今までの手の震えや、緊張感と言ったものが一気にほぐれて行きました。


とりあえず、「一回勝利する」という目標は達成出来たのです。



これにより、対戦に向けての決心が一気に変わっていきました。


今までは「どうしても勝ちたい!」と勝ちにこだわる様子であったのに対し、

それ以降は「出来るだけ勝つ!」という心意気に方針転換して行った形です。



手続きを受けた後は、続けて二回戦へ。

二回戦のお相手は大学生の方。
手の震えも抜けたので、一回戦と比べ、驚くほど落ち着いて対戦が出来ました。


相手は、なんとこの伝説のオンパレードであるGSルールの中、
伝説無しを貫き通しているようでした。(準伝は居ましたが。)

その姿勢は非常に見習いたい思いましたが、
やはり「種族値の壁」というものがはびこります。
ここでは情けを捨て、伝説を駆使して打ってかかりました。結果、勝利


ちなみにこの対戦中、隣で対戦をしていた人が話していたのをちょこっと聞いたのですが

その隣の方はニコニコの生主をやっているらしいです。名前は忘れた。←

もちろん俺は対戦中だったので、話すことも出来ずそのまま聞いていただけでしたが・・・(




2回戦を突破すると、新たな目標が見えてきました。


このWCSは、予選ラウンドというブロックと決勝トーナメントというブロックに分かれています。

予選ラウンドの3回戦を突破すると、決勝トーナメントに進出出来るという仕組みです。

ちなみに決勝トーナメントへの出場人数はおよそ128人。

参加者はそれを2^3で掛けると、約1000人という計算になりますね。意外と人が多い。


つまり・・・あと一回で決勝トーナメントに進出出来るという事。

ここまで進んできたのですから、出来ればこの決勝トーナメントまで進みたいと思ったわけなのです。


そのように次の勝負に意気込んでいる中、すぐに3回戦は行われました。


相手は高校生の方。

向こうのパーティはトリパで、挑発持ちの居るこちらにとっては好都合。

しかし、相手も負けじと読みを展開してくるため、試合は完全に互角。


そして、転機は突然やってきました。


相手の主なトリパ起動役はどうやらクレセリアのようで、意地でもトリルを起こそうと

交代を繰り返してきていました。


そこで、俺は「クレセリアに交代する」と読み、交代するであろうポケモンに

てんほ(ホウオウ)の聖なる炎を当てます。

読みどおり、相手はクレセリアに交代。聖なる炎が命中。


・・・ここで、何とその聖なる炎が急所に当たり、
クレセリアを出オチにする事が出来てしまったのです。


これを皮切りに、たちまちこちらが畳み掛け、勝利。


正直なところ運ゲになってしまったと思います。クレセリア一発撃破は異常なまでの運でした・・・(



と、ここで勝利を収めた事により、ケンタロスは晴れて決勝トーナメントに進出!


当初は、こんな所まで勝ち進む事が出来るとは全く思っていませんでした。

せいぜい勝てても二回戦くらいまでだろう・・・と。


先程、「本 番 は 全 く 違 っ た」という微妙な伏線を残しましたが、

それは、こちらのパーティの苦手ポケモンが全く登場しなかったという事なんです。


バンギラスも威嚇ポケモンも、

果てはオーガルンパパルキアさえも、誰一人出てこなかったんです。

これは運がどうにかしていました。どう考えても強運を引き当てていました。



その後、早速決勝トーナメントが開幕。

決勝トーナメントの試合からは、ランダムで誰かの対戦が

付近に設置されているモニタに映し出され、見れるようになります。


こんな感じ。

様子


「まさか此処まで来てしまうとは・・・」と大分頭の中が混乱している中、

一回戦が開幕しました。お相手は再び高校生の方です。


しかし、ここでケンタロスは突然ペースを乱してしまいました。

読みが全く冴えないのです。

むしろ、相手にひたすら読まれまくっていると言った方が正しいか。


これは、心持ちの変化による部分が大きかったと思います。


それまでの3試合は、勝負中のアドレナリンの分泌が凄まじかったと
自分でも薄々感じていました。「ただひたすら試合に集中している」イメージです。

・・・そんなこともあってか、普段出来そうもない

あり得ない読みを展開する事が出来たのではないかと思っています。


しかし、今回は「決勝トーナメントに進んだ」という達成感により、

これまで活発だったアドレナリンが急激に抜けてきたような気がしたんです。

自分でも結構感じ取れましたよ・・・(


結局、この試合でケンタロスは敗北を喫することとなってしまいました。

試合中はこちらの攻撃が急所に当たりまくったりと、運はまだまだ味方してくれていたのですが

相手の最後の一匹に、とうとう恐れていたパルキアが登場し、
「せいなるほのお」でこだわっていたてんほ(ホウオウ)は
4分の1ダメージとなり全く太刀打ち出来ず、最後はスカーフがアダとなった形でてんほと共に散って行きました・・・

てんほは特に頑張ってくれたと思っています。重ね重ねですが本当にお疲れ様と言いたいところです(


しかし、負けてしまった訳ですが、不思議な事にまったく悔いはありませんでした。

むしろここまで勝ち進められて良かった!と言った調子。


これにて、ケンタロスのWCSは終わったわけです。←



ちなみに、ケンタロスが戦ってきた全4試合のうち、

・一回戦は極度の緊張で、バトルビデオの保存自体を忘れてしまいました。

・二、三回戦はバトルビデオを保存、Wifiへの投稿が出来ないそうだったので
その場でデジカメを用いて撮影。(ブレブレ)どっかにうp出来たらうpしようかと。

・決勝トーナメント一回戦の負け試合はしっかりうpっておきました。
 没落の様子(ビデオNo.)→52-66456-49157



負けた後は、決勝トーナメントの対戦を見学したり、

その会場にて開催していた「バトルスタンプラリー」というものにも参加したりしました。


このバトルスタンプラリーでは、何とWCSスタッフの方と対戦が出来るんです。(


スタッフの方も人数的に限界があり、

待ち時間はかなり長かったのですが、


スタッフの方の廃人具合を見てみたい!と思い、頑張って並び続けました(


結果、カテゴリA(小学生以下)の決勝を見逃す羽目に。

まあニコニコに上がっていたので問題は無いですがw



スタッフの方と戦った感想としては、

果たして廃人なのかどうか・・・よく分からない。←

パーティとしては、マイナーポケモン志向だったのですが

物理耐久の無いてんほ(ホウオウ)でなく、物理耐久のあるセメント(グラ)に等倍物理技を使ってきたりだとか、

100族抜き調整のスカーフてんほがミュウツーを抜くとか

ちょっと「んー」と感じたところもありました。でも楽しかったです(


その後は、いよいよお待ちかねの

カテゴリーB(大きなお友達部門)の決勝戦を観戦。



決勝戦

(今までの画像、全員の顔を隠すのがかなりツラかったでござる)

このように、決勝戦では

選手が観客の前に座って対戦をする形となっていました。


この決勝の対戦が上がっています。こちらです。





ちなみに、この動画を撮影している後ろで俺が立って動画撮影していました。←

サルセウスとみっふぃーが会場内でもネタになってましたよ(


・・・と、カテBの決勝戦が終わり、それと同時に

この日のWCSは閉幕となりました。


先述の通り、一日中ぼっちだったのですが、

終わってみれば、決勝トーナメントに進出出来た上に
レベルの高い様々なバトルも見れたので、個人的にはとても楽しかったです。

段々と人が少なくなってくる会場を見ていて無性に寂しくなりました(

こういう大会って何か良いですねー。ラストチャレンジも応募しようかと思っております。


ちなみに帰りの電車の改札

改札

そして参考動画






夏はこの地もこんな感じになるんか・・・(





・・・と、家に帰り現実に戻ってみると、そこには「テスト前」という悪夢が・・・

いつもの如く、テスト終了まで暫く更新をストップするんでご了承くだされ。


ではー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
それぞれの動画をみましたが、
結構レベル高いんですねw
俺は大会なんて出たことないんで。
ともだちとやりあって満足なタイプです。
それでもニコニコで実況動画をみていたりしているので、ある程度のことはわかってるんですが、友達は、ガチで挑んできたりするので、読みなんかはするする当たります。
みんな、普通なんで、伝説、ガチパ
も簡単に倒せますし。

まぁ、とりあえず、お疲れ様でした。
2010/05/11(火) 18:08 | URL | 紅葉剣 #16NYQzP2[ 編集]

頑張れとるお!

お疲れ様でしたー
決勝まで行くとか凄いなあ・・・
2010/05/11(火) 18:33 | URL | わんたん #V5TnqLKM[ 編集]

乙でしたー

てか個体値…
最近めっきり粘ることをやめてしまった俺からみればもう乱数にしか見えないぜ(
3Vが奇跡っていうかなんというか…もうちょっと頑張らないといけないかな、と思ってしまった

ところで夏はその「聖地」とやらに行ってみようかな、と思っていたりいなかったり(
ちょっとお金足りないな…
2010/05/11(火) 18:36 | URL | ラプラス #gPYvKTQE[ 編集]



同率一位ざまあww(

>聖地
>大きなお友達
俺のことですねわかります

カードゲーム大会見たかったな(´・ω・)

正直善戦するとは思ってなかったり(((
なんでみんなオーガ使わないのかー?
2010/05/11(火) 19:28 | URL | 恋し悟り #aIcUnOeo[ 編集]

おつかれさまでしたー。
レベル高そうですね。
動画見てもみんな種族値の高いのを使ってて戦い方もなんかすごいです。

勝率2割で
3回戦まで行けたのなら
かなり良い結果だったのでは?!
2010/05/11(火) 23:56 | URL | tenju #pYrWfDco[ 編集]

大会乙でしたーー
決勝トーナメント行ったのはすごいと思います。。

ってか。みんなレベルたかっ!!
俺なんかが行ったら負けそう・・・

まぁとりあえずお疲れ様でした。。

2010/05/12(水) 18:35 | URL | ごりら #-[ 編集]

がんばりましたね~!!
すごいっすw

サルセウスは・・・センスあるな~

・・・ってか最後のまもる!!!
鬼畜すぎるだろ自重しろしww
2010/05/12(水) 23:47 | URL | もじゃ #-[ 編集]

マニュのけたぐりとかグラの龍爪とか理解不能だった俺はきっと胃潰瘍になるだろう。

ホウオウメインか・・・なるほど。
タイプ一致聖炎はヤバいっす><
最近ポケモン触ってません><

決勝行けたってマジ凄いって・・・
スカーフオーガだらけだと思ってました!
ちょっと吊って来る!

お疲れ様でした(*´∀`*)
後で動画見ますね><
2010/05/14(金) 21:13 | URL | 砂鯨 #-[ 編集]

カード大会乙ですww
ビックサイトとは同人誌即売会の聖地ですね、わかりますww
決勝まで行くのなんてレベル高いですね、俺なんて予選でおわりますよ

動画見ましたよ
電車が到着するたびにバイオ状態ですね
駅員さんカワイソウスww
2010/05/16(日) 20:43 | URL | 神京 #-[ 編集]

ネーミングキター
わかるわかる、大会って緊張するよねw
Warcraftでも一戦一戦緊張するおw

カメラ命名がんばー
2010/05/18(火) 21:28 | URL | 炎鷲 #-[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/23(日) 09:00 | | #[ 編集]

紅葉剣
どもです。
参加者の方々全員がしっかり対策等を練ってるんでやっぱりレベルは高いですよー
結局は運になってしまうのですがね(


わんたん
とるおも決勝戦までよく頑張ったと思う(

決勝ってか、決勝トーナメント一回戦までだけどねw
だからベスト128とかそんな程度。


ラプラス
乙どもー

乱数はこの4匹全員使ってないぜw
マニューラはわれながらかなりの高個体値だとは思ったが←
パワー系道具がある現在じゃ3Vなんて結構出ない?(

「聖地」は戦争と聞いたから、行く際はくれぐれも準備を怠らないようにな!←


アヤモミ
まあ結局決まったんだし結果オーライってことでw

今や大きなお友達なんてわんさか居る・・・俺だって一応ポケモンユーザーとしては大きなお友達なわけだし←
カードゲームの方はまったく見れなかったんだ・・・戦法とかまったく分からんしね(

オーガは流行りすぎて対策が進み過ぎた。
だから使用率は減ってきていて、そこにつけこんだ晴れパが意外と勝率高かったってことよ(


tenさん
ありがとうございますー
もはや今年のルールは種族値高いポケモン同士の火力戦ですからね・・・油断してるとあっと言う間に倒されてしまいます(

そうですよね。運に助けられた感が大きかったですw
練習どおりの勝率で行っていたならば、本番で3勝するのは(0.2)^3=0.008で1%にも満たなかったですから←


ごりら
どもー
やっぱり3勝も出来たってのは奇跡的でした(

まあ伝説を含めた「頻出ポケモン」にそれぞれ対抗できるような構築にして、相手の行動を読んでいけば、とりあえず互角に戦う所までは行けるかと思います。時間はかかりますが・・・←


もじゃ
あざーす!←
あのNNセンスもあってここまで勝ち進んで来ているってのは結構凄いと思う。見習いたい(

まあ一応万が一の事も考えて慎重に守っていたんだとは思うw


砂鯨
けたぐりは今回ヘビー級のポケモンが多いため重要。バンギとかカビとかディアとか色々狩れます。
後竜爪も同じようにドラゴン伝説が多い事から。まああまり使わなかったですが(

スカーフオーガも初期は大流行だったようですが、
それ故対策されて段々と数は減っている感じなんですわ。

乙どもー


神京さん
カード大会出てないですよ?(
そんな予選で終わるなんて決め付けず・・・何が起こるか分かりません←

まあ駅員さんは大変な代わりに大いに儲かりますよね!(


イーグル
特に今回は負け=即終了だからプレッシャーが半端ない(

カメラの名前は無事決定!


非コメさん
PC壊れてたんですか・・・それはそれは(
ニューパソおめですー
フォローどうもでした!
2010/05/26(水) 23:36 | URL | <b>ケンタロス</b> #X6AIgIjQ[ 編集]

コメントを投稿する
URL
本文
パスワード
秘密 ケンタロスにだけ見せる
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。